スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

スイス到着後の入国が簡単過ぎた件


IMG_3042

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

土曜日の便でスイスに戻りました。

今回も往復とも、SWISSを利用しました。

IMG_3063

成田-チューリッヒのLX161便は現在、

午前9時45分発なので、早朝5時に起床して、

6時にタクシーで自宅を出発。  


朝、7時半頃の成田空港は、 

相変わらずのガランとしています。

チェックイン手続き中のSWISSのカウンターの前には、

ポツリポツリと人の動きがありました。  

IMG_3047

出発前にはいつものように、

WEB チェックインを済ませていましたが、

今回は航空会社のカウンターで

コロナの陰性証明の提示が必要なため、

電子ボーディングパスは出ず、

当日カウンターで紙のボーディングパスを

発行していただきました。  


スイスへの入国には、

事前に所定の電子フォームに個人情報を記入し、

QRコードの取得が陰性証明と共に必要です。  


成田のチェックインカウンターでは、

陰性証明の書類はチェックされましたが、

QRコードについては手続きをしているかだけ確認され、

その場でのチェックはありませんでした。  


ちなみに日本に帰国する際のチューリッヒ空港でも、

こちらは搭乗ゲート前で、

QRコードを取得しているかの確認だけありました。  


チューリッヒ空港に到着後、

入国の手続きの際にQRコードの提示が必要だろうと

当然の事ながら思っていましたが

QRコードについては入国審査官の方からは、

全く興味ナシの様子。

私の方から、

「QRコードがありますが・・。」

と伝えてみたところ、

「QRコードを所持しているのなら、それでよい」

とのこと。

陰性証明も日本の出発空港で提示しただけで、

スイスの入国時には、

全くチェックはありませんでした。


QRコードに関しては、

(氏名、スイス国内の住所、連絡先、座席番号 など)

コロナ後の前回までの一時帰国の際は、

機内で手書きで必要事項を記入していた作業を

出発前に電子化しただけの簡単な内容だったので、

あくまでも、何かあった際に・・

という程度の感覚のようです。


陰性証明については、

出発空港でチェック済みだから、

入国の際にはチェックしなくても大丈夫

だという意味で、

ノーチェックなのだろうと思います。


それぞれ、自分たちで責任もってやってね〜。

的な感じなのかな!?

ある意味、スイスらしい気もします。


現在スイスには日本からの一般旅行者は

制限がかかっていて入国が出来ませんが、

私達在住者は滞在許可証 (私の場合、Cパーミット) と

パスポートの提示で、

普段通りにスイスへ入国出来ました。


約5週間前、

成田空港到着後の厳しい入国制限と検査、

その後、空港を端から端まで歩いて、

カーテンとビニールシートで覆われた

シャトルバスに乗車して、

政府指定の隔離施設へ移動した日のことを思い返すと

チューリッヒ空港到着後の

入国のプロセスが以前と全く変わっていないことに

少し驚きました。

なんだか、狐につままれた感じ。


まあ到着した本人としては、

簡単に入国できてありがたいことなのですが。


今回は飛行機を降りて、入国審査、

預け荷物をピックして、

出迎えに来てくれた夫 Banana の待つ

到着ロビーまで出るのに、15分ほどでした。


今まで年に何度も

日-瑞の移動をしてきた中で、

おそらく今回が最速だったと思います。

これにも実はビックリ。


何はともあれ、

無事にスイスに戻ってこられてよかった!


日本はスイスが定める危険対象国に入っていないので、

スイス着後は自宅待機などの制限はなく、

外出をしようと思えばできますが、

念のため、自宅近くの散策や、

近所への買い出しなど以外、

しばらくの間はなるべく人とは接触せずに

大人しく過ごそうと思っています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

春の紅葉と新録が薫る東京を散策


IMG_3020

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。

 

港区役所を出た後、

美しいさんぽ散歩日和の1日だったので、

今回の日本滞在では最後の

東京ひとり散策を楽しみました。 

IMG_2938

夫 Banana が崇拝する増上寺も、

今回は私が代わりに参拝。


友人から聞いてはいましたが、

増上寺は現在、大修復工事中。

屋根の瓦を新しく変えているそうです。

IMG_2943

コロナの終息とこの先の健康を願い、

2022年のお正月こそは、

Banana も日本を訪問することが叶い、

また一緒にこのお寺に戻って来られるよう、

心をこめてお参りしました。


ここで最後のおみくじも。

今回の一時帰国、

14日間の待機期間が明けた直後に出かけた鎌倉で、

鶴岡八幡宮を訪れた際に引いたおみくじは凶でしたが、

今回は大吉でした。

終わりよければ、全てよし!


広大な芝公園の周りを歩きました。

IMG_3022

次は、新録がみなぎる東京タワー界隈を散策 。


IMG_2958

 5月5日の端午の節句が近いので、

東京タワーの下には、鯉のぼりが舞っていました。

IMG_3037

IMG_2972

青い空と赤い東京タワー、

そして色とりどりの鯉のぼり。

なかなかの絶景でした。


そして今回は、思いがけず、

とても美しい場所を散策できました。

東京タワーの真下に広がる

「もみじ谷」です。

薫風かおる青紅葉と、

まるで季節を錯覚するかのような

オレンジや赤のもみじの葉のコントラストが素晴らしく、

もみじの滝の流れる水辺の音も爽やかで、

とても癒されました。

大都会の東京のど真ん中にある、

都民の憩いの場です。

是非、秋の紅葉の頃にも訪れてみたい。

画像と映像は、

インスタグラムでご覧ください。
インスタグラムにご登録をされていない方でも、

➡️をクリックすると、画像と映像がご覧になれます。


大門方面から芝公園をぐるっと周り、

JR浜松町の駅まで、1万2千歩ほど歩きました。

スクリーンショット 2021-04-16 13.09.58

5週間に渡る今回の一時帰国も、

最初の14日間は自宅待機

(うち、最初の3日間は

政府指定の成田空港隣接お施設で監禁状態)で、

制限なく行動できたのは、

ここ直近の3週間のみでしたが、

それでも、

美しき可憐に咲いた目黒川沿いの満開の桜と、

初夏の香が漂う都内の新緑も満喫できて、

そして、ネット通販だけではなく、

今回は百貨店を訪れて、ちょっぴりお買い物もできて、

とても有意義な時間を過ごすことができました。


また元気に、日本へ戻ってこようと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ