IMG_2751

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

先日のブログ記事からの続きです。


 
土曜日は電動スライサーを使用して、

業務用スーパーで仕入れてきた

豚肉と牛肉のかたまりをスライスし、

薄切り肉にする作業を行いました。


こちらが昨年購入した、我が家のスライサーです。 

 

牛と豚の2種類のお肉、

3キロ以上を夫婦で一緒にスライスしました。

IMG_2722

家庭用とはいえ、

鋭い刃が付いたスライサーです。

注意書きにも書かれていましたが、

スライサーでお肉を切る際には、

それに集中し、考え事はしないこと。

ともあったので、

我が家ではこの機械を使用する際には気を引き締めて、

肉切りは夫婦二人一緒に行うことに決めています。



スライサーの使用もだいぶん慣れてきて、

最初にトライした時よりは、

作業が早くできるようになりました。

1時間半ほどで、

牛、豚、全てのお肉を切り終えました。


しかし、スライサー使用後の、

特に刃の部分と機械周りのお掃除には

時間がかかります。

鋭い刃と周辺の掃除は細心の注意が必要なので、

私の場合、

綺麗にするのに40分ほど時間がかかってしまいます。


トータルすると、

ちょっとしたキッチンでの長い作業ですが、

それでも、

スイスのスーパーで売られていない、

薄切り肉を家で味わえると思えば、

頑張ってしまう夫婦二人です。


海外で作るすき焼きなので、

手に入れられるお肉の部位も日本とは異なり、

完全には日本のようにはいかないけれど、

スイスにいながらも、

自宅でスライス出来た薄切り肉だと考えれば、

これでも我ながら、

うまくできた方かなと思います。


お肉以外の野菜、お豆腐などは、

一般のスーパーで手に入る食材を使用しました。

すき焼きのタレだけは、日本食材店から。

IMG_2750

ところで、

すき焼きといえば、

お肉の他に欲しいものが、生卵。


海外の卵は生で食べられない国が多く、

スイスでも一般的には生では食べられていません。

我が家の場合も、

スーパーなどで購入する卵は生では食さず、

必ず調理して食べますが、

自宅近くの農家で手に入れる、

採れたて卵の場合だけは生でも食べています。

英国人の夫 Banana も、

すき焼きには生卵を好んで、自ら使用します。

IMG_2802

この日も農家の無人販売所まで、

卵だけを買いに行ってきました。

IMG_0772

生で使用する場合、卵は念のため、

一度水洗いしてから食べます。


海外生活でも、ここまで出来た ♪

IMG_2759

スライスした柔らかいお肉で、

美味しいすき焼きを味わえた、

我が家の休日のおうちご飯でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村