スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

日本との文化の違い

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

言うべきか、言わざるべきか?


IMG_7083

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

本日の話題は、

過去に投稿した下記のブログの続き、関連記事です。

 

数ヶ月ぶりに、

オランダの北海水産さんを利用してみました。

北海水産の話題は度々ブログにも綴って参りましたが、

美味しい日本風のお魚を

欧州内各地に届けていただける会社です。


今回も到着予定日に無事、注文した魚が届いたのですが、

実はちょっと考えられない状態で

魚が配送されてきてしまいました。


まず、魚を直接入れている発泡スチロールの箱を

入れてある外側の段ボール箱を開けてみると、

な な なんと、

発泡スチロールの蓋の部分が逆さ向き

(蓋の部分が底)になって入っていました。


従って外側の段ボール箱を開けると、

上部には発泡スチロールの箱の蓋はありません。


発泡スチロールの箱は

段ボール箱にピッタリサイズで入っているため、

段ボールを引き上げてみても上がらず。


仕方がないので、

段ボール箱を横から切って、

ようやく中の発泡スチロール箱を取り出せました。

閉じている蓋が底に逆向きになっていたため、

水分も少し出ており、

段ボール箱の底部分はかなり湿っていました。


日本では絶対に考えられないこの事態に

あまりにも驚愕してしまい、

私としたことが、

写真を撮るのを忘れてしまいました。


この時点でイヤな予感がし、

早く魚を箱から取り出さねばと、

必死で発泡スチロール箱を真っ直ぐに戻して

箱を開けたところ、

ドライアイスが詰められた上の部分

(実際には底になって配送されてきた)部分は、

多少の湿り気はあるものの、大きな問題はなし。


魚を上から順にチェックしてみると、

過去の注文において体験したことのないトラブル発生。

魚を入れているパックが破損し、

鯖のみりん干し(2切れ入)が

袋から剥き出しになっていました。

IMG_6840

えっ!?と驚きつつ、

他をチェックしてみると、

イワシのみりん干し(4尾入り)も、

袋が同じように破損していました。

IMG_6835

どちらも破損しているのは袋だけではなく、

魚の一部分が切断(破損)された状態。


利用させていただいたのは久しぶりだったため、

今回はかなりの量をまとめて注文していました。

鯖もイワシも複数ずつ注文していましたが、

問題があったのはそれぞれ一袋ずつです。


あとはホッケが袋の中で

真っ二つに切断されている状態。

こちらは袋の破損はないため、

自宅で食するには問題はないのですが、

でもねぇ・・。


以前から容器が破損していることが続いた

いくらは、私だけではなく、

他の顧客からも同じような報告があったらしく、

その後、薄い透明容器から、

紙のパック(アイスクリームのような容器)

に変更されたとご連絡をいただいていました。


北海水産さんには、日本人のフタッフがおられ、

ご丁寧に日本語で対応をしてくださるので、

ありがたいことです。


で、ご報告として、

いくらは紙のパックの容器に変更したため、

その後、

「他のお客様からは、破損のご報告は受けていません」

とご説明をいただいていたのですが、

残念ながら今回も、

その紙の容器が破損していました。

IMG_6833

いくらを詰めた箱の蓋の部分に亀裂が入っていました。

ただこちらに関しては、

以前のように剥き出し状態ではなく、

食べても問題はないだろうと判断しました。


先に述べた袋も魚も破損した鯖とイワシに関しては、

火を通して食するものなので、

大丈夫かな? とも一旦は考えたのですが、

今のご時世ですし、やはりちょっと怖い。


配送中に箱の中で破損したのだとすれば、

多めに詰めていただいている

ドライアイスの角が当たって?

破損したのかなと思いました。

もしも、

発泡スチロールの箱が逆さになっておらず、

ちゃんとした位置で段ボール箱に収まっていたとしたら、

破損していたのかな? 

とも思いました。


夫 Banana とも、

この件について話し合ってみたところ、

袋と魚が破損したのが箱の中であるならば、

きっと大丈夫だろうけれど、

万一、配送前の時点で袋が破損していたとしたら、

それはとても危険だという事になり、

今回は残念ですが、

該当の鯖とイワシは廃棄する事にしました。


私としては破損に関して、

またか・・。

と言うのがホンネ。


過去に何度も、

いくらの容器の破損の件で先方には報告していました。

(3回の破損で2度返金をしていただいていました)

正直なところ、

もう破損の件で連絡を入れるのは面倒だし、

逆に、クレーマーのお客だと思われるのではないかと、

恥ずかしい気持ちもしてしまい、

今回はもう報告をせずに、

結果的には泣き寝入りしようかと思っています。


過去には何度か、

梱包の際、注意して欲しい。改善して欲しい。

とお願いをしていたにも関わらず、

またこの状態です。

まさか、箱の蓋が逆さになって届くなんて・・。


しかし、どうやって梱包したら、

箱の蓋が逆さまになってしまうのか?

真剣に考えてしまいました。

外側の段ボールを平らな状態で置いて、

その中に魚の入った発泡スチロールの箱を、

わざわざ逆向きにして入れなければ、

そのような状態にはならないはず。


魚を発泡スチロールに詰め込む作業の際には、

正しい向き(蓋は上)になっているはずですから、

蓋を閉じた後、

わざわざそれを逆さ向きにしたと言うことです。

純粋に考えて、とても不思議です。


業者側へ報告をすると、

解決策としてはいつも、返金と言う形になるのですが、

返金目的のクレーマーだと、

相手に誤解されるのではないかと、

不安にもなってしまいます。


しかし、夫 Banana の意見は、

「企業としては、カスタマーからのフィードバック

(意見)がとても重要だから、先方へ事実を伝えるべき」

とのこと。


確かに今後のことを考えると、

担当者には報告をしておいた方が良いのかな

と言う気もしました。


だけど、

鯖とイワシで11ユーロちょっと(約1,340円)

を返金していただくために、

わざわざ時間と労力を費やすのはキツい。

しかも、全く自分の非ではないことで。

このコロナ禍の中で、

考えなければならないことや、

やらなければならないことはいっぱい山積みで、

そんな事に時間を費やしている心の余裕もない。


日本でならば、

同じような業種の企業が存在し、

わざわざ報告をしたくなければ、

口を閉ざした状態で、

"もうその会社は利用しない、次回からは別の会社を利用する"

で終了なのでしょう。


けれども、欧州では他に、

似たような会社はありませんので、

そこが日本の味が欲しい海外在住者の弱みでもあります。


言うべきか、言わざるべきか?

かなり悩みましたが、

泣き寝入りが一番ラクなのかも・・。

心の中はモヤモヤしていますが、

こう言う出来事は今回だけに限らず、

日々の生活において、日常茶飯事に起こります。


つい先週も、

ある有名企業のハンドクリームをネットで注文した際、

贈り物用にギフトラッピングする場合は、

2フラン(約230円)追加となっており、

そのように申し込みをしたのですが、

届いた商品はギフトラッピングされておらず、

ラッピングどころか、商品は箱の中に、

かなり無造作に投げ込まれていました。

こちらは欧州の別の国の商品ですが、

スイス国内からの配送でした。

もちろん明細書には、しっかり2フラン、

チャージだけはされていました。


そもそも、チューリッヒの路面店に行けば、

ギフトラッピングは個別にお願いしても

無料でやっていただけるのに、

なぜネット注文の際にだけ、

2フラン徴収するのか??

さっぱり意味不明。


言うべきか、どうしようかと悩みましたが、

この事例でも、2フランの返金のために

時間と労力を費やすことはやめました。

しかもこちらは、

ドイツ語で問い合わせをしなければならないので、

私にとっては更に時間がかかりそう(苦笑)

このお店に関しては、

町の店舗に出向けば商品を購入できるので、

もう2度とネットでは注文はしません。


日本の当たり前のサービスに慣れていると、

本当にビックリ仰天してしまう事も多々ある、

スイス17年目の海外生活です。


そして、以前の記事でも触れましたが、

私達日本人が、当たり前である感覚も、

育った国の生活環境や習慣、教育レベルの相違で、

私達にとっての当たり前が、当たり前でないこともある。


インパクトのあった最近の2連発でしたが、

こんなトラブルには、

もはや、そう動じなくなっている私でもあります。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スイスに戻りました & ロストバゲージ

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

8月1日はスイスの建国記念日でした。

今年も各地でお祝いの式典が行われ、

我が家のあるチューリッヒ州の湖畔の街

近隣の各街でも、花火が打ち上げられました。


私は建国記念日の前日7月31日夕刻、

日本からスイスに戻りました。


春に続いての日本帰省、

2週間弱の短い夏の帰省でしたが、

今回は遊びに戻った訳ではないので、

限られた時間で、

都内に購入したマンションの必要な所用を済ませて

戻ってきました。


急に決定した予定外の帰省は、

往復ともにANAのデュッセルドルフ経由の便を利用しました。

デュッセルドルフ便は成田空港発着です。


行きは念のために、

乗り継ぎ時間50分の推奨便よりも1本早い、

2時間近くデュッセルドルフで待ち時間のある便を

予約しておいたのですが、

チューリッヒ発デュッセルドルフ行きの便(LX) の

出発時刻が約1時間遅れ、

ドキドキしながらの乗り継ぎでした。

結局到着したのは、

推奨便の50分乗り継ぎ時間の後の便とそんなに変わらず〜。


何とか間に合い、

預け荷物も間に合って成田空港へ無事到着し、

結果としては特に問題はありませんでした。


しかし帰りの便で、問題が発生。

帰りは成田~デュッセルドルフがANA

デュッセルドルフ - チューリッヒがEW(ユーロウィングス)

という、

ルフトハンザドイツ航空傘下の会社の飛行機でした。


帰りの乗り継ぎ時間は1時間15分ほど。

少々不安ではあったものの、

ANA便はデュッセルドルフ空港へオンタイムで到着し、

ユーロウィングの便もほぼオンタイムに搭乗開始。

チューリッヒ空港到着後、

何の心配もしていなかったのですが、

手荷物受取り所のぐるぐる回るコンベアに、

2個預けたスーツケースの1個だけが、

どんなに待っても現れない!


イヤーな予感がしつつも、

待って、待って、そして遂に、

荷物受け渡し中のサインが消滅。

残念なロストバゲージとなってしまいました。


幸い、日本で購入した洋服や、

スイスから持参した洋服、ブランドのバッグ、靴

などを入れたスーツケースの方は無事に到着し、

ロスト扱いになったケースには、

"一種類" を除いてほとんどが常温で保存できる食品で、

金銭的にはさほど高額なものは入れていなかったのですが、

一つだけ、

とても重要なものをそちらのケースに入れていました。

前回の記事にも記した、

3キロの重さがあるカーテンのカタログです。


これはリフォーム会社を通じて、

彼らの取引先のカーテン会社から

カーテンをオーダーするためにお借りしているもので、

秋にまた日本へ帰省する際に、

お返ししなければなりません。


とりあえずチューリッヒ空港の

バゲージクレームで必要手続きを済ませ、

カウンターにいた係の女性より、

「荷物が見つかったら配送業者さんから

直接連絡がいきますので待っててね〜。」

とかなりカジュアルな感じで言われ、

少々ガックリ・・。


日本でスターアライアンスの

バゲージクレームに行った時は、

ANAのスタッフの方がその業務を請け負われており、

彼女たちには何の非もないのに、

そんなに謝っていただかなくても〜

と、逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧でしたが、

スイスではそんな事はなく、誰も謝りません。

彼らにしてみれば、

「だってワタシ個人のミスじゃないもの。」

というところです。


これは文化と考え方、習慣の違いもある事で、

ブログでも何度となく同じような例を綴りましたが、

もう慣れっこになりました。


この状況では何を言っても仕方なし。

言われるがまま自宅に戻り連絡を待つ事にしました。

翌日は8月1日、

スイスの建国記念日(祝日)です。


仕事を終えて、

車で空港まで迎えに来てくれた夫 Banana と

到着ロビーで落ち合い、経緯を説明。


彼も今年5月の日本帰省で、

ロンドン経由の便で同じ体験をしています。

その時のブログ記事はこちら。




荷物のタグもついているし、

見つからないという事はないだろうから、

まあ、そのうち見つかって自宅まで届くだろうと、

と楽観的にとらえることにしました。


でも、翌日は建国記念日(祝日)だし、

お借りしているカタログも入っているし・・。

私としては、気が気ではありません。


ウェブサイトに行ってリファレンスナンバーを入力すると、

トラッキングできるシステムになっており、

帰宅してから何度も入力してみましたが、

自分の名前とケースの特徴が入力された

データはあるものの、

まだ見つかっていませんと表示されるばかり。

祝日(木曜日)の午前中も全く同じ状況でした。


「あーあ、やっぱり祝日ではダメか。

スーツケースが届くのは、金曜日かなぁ。」

と思った矢先、携帯電話が鳴りました。

配送を請け負っている業者のドライバーさんからで、

13時〜15時の間に届けられるとのこと。


先日の Banana の時は、

「そんな時間まで働いているの!?」

と驚かされましたが、

建国記念日にも働かれているんだなぁと

感心させられました。

おそらくドライバーさんはスイス人ではないので、

スイスの建国記念日にどうしても休みたいという

願望は少ないのかもしれませんが、

私にとっては本当にありがたい事でした。


約束の時間通り、13時ちょっと過ぎ、

無事にスーツケースが自宅に到着。

ケースの破損もなく、中身も全部問題なし。

お借りしているカタログも無事でした。(心底 ホっ。)


おそらく今回は、ロストというよりは、

荷物2個のうち1個だけ、

乗せ遅れで間に合わなかったのだと思います。

なぜ1個は間に合ったのに、

1個だけ間に合わなかったのかは定かではありませんが・・。


カウンター(窓口)での対応とか、

コンピューターの荷物トラッキングシステム

(今回はドイツ)が全く更新されないとか、

そういった類いは日本のサービスにはかないませんが、

仕事はちゃんとやって下さるのだな、

良い意味で、

『やっぱりここはスイスだな。』

と、感じさせられた、

なんだか記憶に残りそうな、今年の8月1日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

次回のメールマガジン【Vol.30】は 8月06日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てを、
試し読み(無料)でご購読いただけます。

♪ メールアドレスのご登録だけで、1ヶ月分の無料購読OK!

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

薬局でも予防接種を受けられる。スイスのインフルエンザ事情 (by TRiP EDiTOR)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

の配信がスタートしました!

ご興味がおありの方は、是非、ご登録をお待ちしております。
                       
まぐまぐ「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて

ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

初月無料、ご登録いただきますと、

ひと月分の全て(今月は2月分)が配信されます。

まぐまぐの新システムにより、

初月分のご登録時、クレジットカードの登録ナシで、

1ヶ月分の試し読みが可能となりました

ご登録後は、いつでも登録解除も可能です。♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
スクリーンショット 2019-02-19 18.17.42

今年1月15日にスタートした

「スイスの街角から」のメールマガジン、

「スイスの街角から」 番外編~
3つの文化に囲まれて ブログでは書けないあれこれ

創刊からようやく1ヶ月が経過しました。


メルマガの定期配信という、

右も左も分からぬ分野での新チャレンジでしたが、

何とか配信予定を滞る事なく、

順調に続けさせていただいております。

これも配信を楽しみに、

ご購読を下さっている皆様あってこそ。

読者の皆様、誠にありがとうございます。


さて、今回、

私が配信させていただいている

メルマガ "まぐまぐ" の提携サイトである、

「TRiP EDiTOR(トリップエディター)」に、

メルマガで配信した記事の一部が掲載されました。

内容は、スイスのインフルエンザ事情について。

TRiP EDiTORは、

『旅と人生は、もっと楽しく編集できる』をコンセプトに、

各界のプロが語りつくす新しい旅行メディアです!

TRiP EDiTOR(トリップエディター)


今回の記事は専任スタッフの方に選んでいただき、

推奨いただいたものです。

書き手にとってこれは実に、

喜ばしい事なのだと理解しております。


通常、メルマガの方は、

ご登録(初月無料)をいただいていないと、

【無料サンプル版】以外、

読んでいただく事が出来ないのですが、

こちらはご登録まだの方々にも、

お気軽に読んでいただける抜粋版となっています。


よろしければ、こちらもどうぞご覧下さいませ。

薬局でも予防接種を受けられる。スイスのインフルエンザ事情
TRiP EDiTOR(トリップエディター)

(掲載の画像は一部、編集部にて追加編集されています)


記事が面白い、興味深い!

と思って下さった方がいらっしゃいましたら、

メルマガへのご登録はこちらです。

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ