スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

イタリア・アマルフィ&ポンペイの遺跡 2010

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

世界遺産 ポンペイの遺跡 2.


「 世界遺産 ポンペイの遺跡 1.」 からの続きです。

ポンペイの遺跡 1.




こちらは古代ローマ人の浴場跡です。


Terme di Stabiane (スタビアーネ浴場)

P3077669


     P3077670




浴場の脱衣所跡

P3077671


男性用・女性用の浴場と、それにプール、

そして床には熱い蒸気循環し、室内を温めていたのだそうです。

これぞ元祖床暖房! 

時は西暦79年、ものすごい文明です。



Casa del Poeta Tragico (悲劇詩人の家)

こちらの住宅の玄関先に描かれたモザイク画はとても有名。

画像 166




CAVE CANEM (猛犬に注意) と書かれた注意書きと共に

絵が描かれている理由は、

当時は字を読めない人が圧倒的に多かったため、

だれが見ても猛犬がいる事をわからせるためだったそうです。




ベスビオ火山の噴火は、一瞬の出来事だったのだそうです。

P3077663


これらは火山灰に埋もれた人々のその時の状態 (姿)を

再現したもの。

画像 162
 


ベスビオ火山が噴火して逃げ遅れた人々は

高圧のガスで窒息死をし、

火山
灰の中に埋もれて亡くなりました。

その遺体の上に降り積もった灰はその後硬く固まり、


後にこの遺跡が発掘された際、

遺体部分だけが腐敗し、

火山灰の中に空洞ができており、

考古学者たちはその遺体の空洞となったた部分に

石膏を流し込む込む事によって、

逃げ遅れた人々の等身大の姿を再現しました。

 

入口で踊る牧神像のある“ 牧神の家 ”

P3077685


     P3077683


当時の裕福な人の住居だったそうで、

像の奥が住居となっていました。



Anfiteatro (円形劇場)

P3077715


古代ローマの円形劇場では最古の部類なのだそうです。

 P3077713




ある裕福だった人の住居。

P3077696




P3077694


P3077695


敷地は広く、リビング・書斎・寝室などに区切られ、

部屋数の多いお宅なのですが、窓が一切ありません。

これは泥棒に入られるのを避けるためだったとか。

遠い古代ローマでも、裕福な家庭では

現代と同じ懸念を抱いていたようです。



こちらが、
Casa della Venere(ヴィーナスの家)

P3077706


ここにはとても状態の良い、

ビーナスのフレスコ画が見事に残っています。


      P3077704


P3077705




こちらも、ある裕福なお宅の跡。

画像 182

 

この地域に住んでいた古代ローマ人達は

ほとんどが商人達で、地中海での貿易に潤い、

べスビオ火山が噴火するその日まで、

裕福で娯楽を楽しむ生活を送っていたと言われています。


人間の人生のとてもはかなさを感じた、

「世界遺産・ポンペイ遺跡」 への旅でした。



2つのブログランキングに参加しています!

大変お手数ですが、下の応援のクリックを、
ポチッ・ポチッと、どうぞよろしくお願い致します
        ↓   ↓   ↓   ↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログランキングへ


スイスの街角情報と共に、

ヨーロッパ、その他の街の様子や旅行記を

こちらにアップして参りますので、どうぞよろしくお願いします。


世界遺産 ポンペイの遺跡 1.


2010年・3月7日、

イタリア、ナポリの郊外にある

世界遺産のポンペイの遺跡を旅しました。

こちらへは先日のアマルフィへの休暇中、

郊外への半日旅行として訪れました。


今回はその 「ポンペイの遺跡」 の様子と、

ガイドブックには掲載されていない情報など、

併せてお伝え致します。



西暦79年、ベズビオ火山の大噴火で火山灰に埋もれた

イタリア南部の古代都市 “ポンペイ”

この遺跡は1997年に、

ユネスコの世界遺産に登録されました。

 画像 159



ここはかつて人口約2万人の古代都市、

ポンペイは西暦79年のベズビオ火山大噴火で一夜にして、

砂の中に埋もれました。


その後ポンペイは1748年に再発見されるまで、

約1700年間の長い時を、

砂に埋もれたまま過ごしたのです。


今回はイタリア人の専任ガイドさんにお供いただき、

英語で案内していただきました。


以下は、

専任の現地ガイドさんに案内していただいた内容です。



まずはマリーナ門 (遺跡への入り口) を入り、 

坂道を登ってこの門をくぐり抜けて遺跡の内部へ。

P3077644




坂道を登り切った場所に

Foro(フォロ)公共広場 があります。

ここは政治・経済・宗教の中心だった場所。

P3077656


P3077658


P3077719




ベスビオ山を背に向け、

ジュピターの神殿が建ち並びます。

P3077657




北側にはコリント式の円柱が残る

Tempio Apollo (アポロの神殿) が見事に残っています。

P3077720




アポロ神殿の右側には Basilica(バジリカ)、

ここでは裁判や商業の取引などが行われていたそうです。

P3077653




Via dell' Abbondanza (アッボンダンツァ通り)

ここはかつて、ポンペイの町の繁華街、

メインストリートだった場所。

P3077668


     P3077709



通りの至る場所には、

これらのような “石” が置かれています。


これはいわゆる 「横断歩道」 で、

雨が降った際、水溜りとなるため、

それを避けて、向こう側に渡るためなのだそうです。

通りには排水溝も設けられていました。

P3077711
 



そしてこちらは公共のトイレ跡。

当時のトイレは個人用専用ではなく、

みんなが共に用をたしたのだそう。

P3077667


ガイドさんによれば、この公共トイレは当時、

ある意味での社交場でもあったそうです。


トイレの部分の下には水が流れ、

既に自然式・水洗トイレでした。

恐るべき文明です。





こちらの写真、これらはすべて商店でした。

P3077702



これはなんと、商店の戸(スライディング・ドアー)の跡。

P3077648


日本のふすまや障子の要領で、

「戸」を横に左右にスライドさせて閉める

スライディング・ドアーであった事がうかがえるのだそうです!




こちらは古代ローマ人達の 「バール 」 (バー) だった場所。

 

 P3077679


テーブルの、

穴が開いている部分にワインの入った容器を

入れて置いていたのだそう。


日本ではまだ “弥生時代” だった頃、

古代ローマ人たちは酒場でワインを楽しみながら、

談笑していたと考えられます。




近くにはパン屋さん。

パンを焼いていたオーブンが、そのままの形で残っています。


画像 172


これらの彼らの生活ぶりを辿ってみても、

古代ローマ人達がいかに

自分たちの毎日の生活と娯楽を楽しみ、

素晴らしい文明を築いていたかがうかがえます。


次回、「ポンペイの遺跡2.」 へと続きます。 




2つのブログランキングに参加しています!

大変お手数ですが、下の応援のクリックを、
ポチッ・ポチッと、どうぞよろしくお願い致します
   ↓    ↓    ↓    ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログランキングへ

アマルフィ 女神の報酬 の撮影シーンを追いかけて


先日よりこのブログでお伝えしておりました

映画の舞台となった、イタリア・アマルフィの風景。


アマルフィにやって来ました!

アマルフィの朝


映画の撮影シーンにも登場した、アマルフィの町の様子はこちら
世界遺産、そして・・レモンの町・アマルフィ


こちらもシーンのイメージに登場した場所
アマルフィの美しき ドゥオーモ(大聖堂)


今回は、映画 「アマルフィ 女神の報酬」 の舞台の

撮影シーンを追いかけて、映画が撮影されたホテル、

Hotel Santa Caterina (ホテル・サンタ・カテリーナ)と、

そして、

映画では撮影されなかったホテル内部の様子を

ご紹介致します。


日本公開は昨年(2009年)で、

ちょと古いでしょ!と思われるかも?しれませが、

海外暮らしのため、

DVDでようやく視聴できたのが今年になってから・・・。


イタリアがお好き、出演された俳優さん達がお好き、

そして何より 「アマルフィ 女神の報酬」 の映画が

お好きだった方、是非お付き合い下さいませ


まずはホテルの外観。

断崖の上に建つホテルです。

P3077626


画像 146


ホテルは海のすぐそばに面して建ち、

波が今にも迫ってきそう!!

画像 147


P3077637


主演の 織田裕二 さんと 佐藤浩一 さんが

話をしていたホテルのメインエントランス前。


P3067575



ホテルの入り口を入ったところ。

P3087760



ホテルレセプションとロビーの様子。

P3087759



床には南イタリアらしい、美しいタイルの絵柄が広がります。

P3087768



ロビーには額入りで、

映画のポスターが飾られていました!

   P3067576




ロビーの奥は心地のよいバー&ラウンジです。

P3087739


P3087742














アマルフィの場面は緊迫したシーンで

ラウンジの様子は映画には出ませんでしたが、

とても居心地のよい場所でした。


P3087746

















部屋から見渡す朝の美しきアマルフィの風景。

P3077599



朝日が海の遙か向こうに昇ります。

P3077607




下の写真はホテルのメインレストラン、

夏は外のオーシャン・フロントのバルコニーで、

お食事を楽しめます!

P3067581


P3067587


P3067589




天海祐希さん と 佐藤浩一 さんがバルコニーのそばに立ち、

話していた時に映った、

ホテルの客室 (バルコニー) からのアマルフィの街の景色と

エメラルドグリーンに輝く海。

画像 135


画像 137




ここは映画のシーンが撮影されたお部屋ではありませんが、

バルコニーのイメージ。


P3077619




こちらは映画の最終部分のワン・シーン、

織田裕二 さんと 天海祐希 さんが

海辺で話をしていたのに使用された、

アマルフィの海岸です。

P3067501



P3067499




映画のアマルフィのイメージで何度も登場した、

世界一美しいと呼ばれる海岸線(一部)

画像 107


画像 108


夢の3日間の休日は瞬く間に過ぎて行きました。

次の機会には、ソレントやカプリ島にも足を伸ばしてみたい、

大好きなイタリアの風景でした。


2つのブログランキングに参加しています!


大変お手数ですが下の応援のクリックを、
ポチッ・ポチッと、 どうぞよろしくお願い致します  
        ↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログランキングへ
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ