スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

国際結婚

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

我が家にとっての特別な日


IMG_3247

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

去る3月3日は日本の雛祭り。

インスタグラムに投稿されている、

みなさんの美しいお雛様や、

素敵な雛祭りテーブルアレンジなどを眺めながら、

素敵だなぁ・・と、

楽しく拝見させていただきました。


我が家にとっては、

3月3日は雛祭り以外に、

実はとても重要で、大切な日でもあります。


10年前のその日、

夫 Banana が命に関わる手術を受けました。

その時のことは遠い以前のブログに、

その心情を綴っていました。

 

術後の間もない当時は、

詳しくは記しませんでしたが、

夫は脳腫瘍の手術を

チューリッヒ大学病院で受けました。


その後は順調に回復し、

手術の直後も、10年経った今も、

後遺症は全くなく、

おかげさまで元気に過ごしています。


術後は数ヶ月後、1年後、その後も

数年おきに定期検診は受けています。

執刀医であった当時の有能な脳外科医は現在、

チューリッヒのヒルスランデン病院に移り、

教授として活躍されおり、

Banana はその医師を追う形で、

病院をヒルスランデンに変えて、現在に至ります。


直近で受けた昨年検診でも異常は無し。

今年の3月3日で10年の節目を迎え、

手術をした Banana 本人も気持ちの上で、

ようやく完治したと感じたようです。


そばで見ていた私からすると、

Banana は術後に回復した後も

ずっと元気でいてくれたので、

すっかり健康体だという印象だったのですが、

手術を受けた本人は、

どんなに元気に日々を過ごしてはいても、

頭部を開頭して行われた、

あの日の大手術のことを、

ひと時も忘れることはなかったのだと思います。


10年前、英国からも家族が駆けつけて、

手術が成功したと執刀医に報告を受けた時、

大学病院のカフェテリアで人目をしのばず、

抱き合って涙を流しながら喜んだ日のことが、

つい先日のことのように思い出されます。


その後の10年の間に、

スイスへ駆けつけた義母(Banana の母)は他界し、

同行した Banana の妹と、Banana の関係は、

その後に起こったある出来事がきっかけで、

現在は交流はなく断絶中です。


時を同じくして英国から訪れてくれた

ローラ(Banana の娘、当時は大学生)はその時、

チューリッヒ大学病院の

素晴らしい医療スタッフたちが

きびきびと献身的に働く様子を目にし、

それがきっかっけで将来、

医療の現場へ進むことを決意しました。


いろいろとあったこの10年。

その間に Banana の母とおばが他界、

妹夫婦との事実上の絶縁、

私の(日本の)実家の父も他界 など、

目まぐるしい日々を過ごしましたが、

悪いことばかりではなく、

良いこともたくさんありました。


ローラはジミーと結婚し、

州立病院の集中治療室(ICU)の、

最も若い看護師長に抜擢され、

現在は医療の現場の最前線で活躍しています。


夫婦で各地を旅して、

美しい自然、優れた芸術、高級グルメ、癒しの時間  etc.. 

様々な感動的な体験や、

素晴らしい思い出もいっぱい。

いろんなことを乗り越えた今だからこそ、

時間を無駄にすることなく、

楽しい時間も過ごせてきたような気がします。


Banana と私も、

それなりに歳は重ねたけれど、

二人とも健康だし、

お互いを信頼し合う気持ちは、今も昔も変わらず。

結婚20年を過ぎた夫婦にしては、

夫婦仲も良い方だと思います。


今年の3月3日はささやかながら自宅で、

術後10周年のお祝いを夫婦でしました。


先日久しぶりにチューリッヒ市内に出た際、

ちょっと奮発をして、

普段は買わない、

(お気に入りのアマロネ)のちょっと良いのを購入。

IMG_3236

いつものディナータイムよりもじっくりと時間をかけて、

ワインを飲みながら、夫婦で色々語らいました。


10年後に、

このブログを変わらず継続できていることにも、

違った意味でビックリ!?(笑)


健康で過ごせることのありがたみに感謝を噛み締めた、

我が家の今年の3月3日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村   

海外で作る、おうちすき焼き ♪


IMG_2751

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

先日のブログ記事からの続きです。


 
土曜日は電動スライサーを使用して、

業務用スーパーで仕入れてきた

豚肉と牛肉のかたまりをスライスし、

薄切り肉にする作業を行いました。


こちらが昨年購入した、我が家のスライサーです。 

 

牛と豚の2種類のお肉、

3キロ以上を夫婦で一緒にスライスしました。

IMG_2722

家庭用とはいえ、

鋭い刃が付いたスライサーです。

注意書きにも書かれていましたが、

スライサーでお肉を切る際には、

それに集中し、考え事はしないこと。

ともあったので、

我が家ではこの機械を使用する際には気を引き締めて、

肉切りは夫婦二人一緒に行うことに決めています。



スライサーの使用もだいぶん慣れてきて、

最初にトライした時よりは、

作業が早くできるようになりました。

1時間半ほどで、

牛、豚、全てのお肉を切り終えました。


しかし、スライサー使用後の、

特に刃の部分と機械周りのお掃除には

時間がかかります。

鋭い刃と周辺の掃除は細心の注意が必要なので、

私の場合、

綺麗にするのに40分ほど時間がかかってしまいます。


トータルすると、

ちょっとしたキッチンでの長い作業ですが、

それでも、

スイスのスーパーで売られていない、

薄切り肉を家で味わえると思えば、

頑張ってしまう夫婦二人です。


海外で作るすき焼きなので、

手に入れられるお肉の部位も日本とは異なり、

完全には日本のようにはいかないけれど、

スイスにいながらも、

自宅でスライス出来た薄切り肉だと考えれば、

これでも我ながら、

うまくできた方かなと思います。


お肉以外の野菜、お豆腐などは、

一般のスーパーで手に入る食材を使用しました。

すき焼きのタレだけは、日本食材店から。

IMG_2750

ところで、

すき焼きといえば、

お肉の他に欲しいものが、生卵。


海外の卵は生で食べられない国が多く、

スイスでも一般的には生では食べられていません。

我が家の場合も、

スーパーなどで購入する卵は生では食さず、

必ず調理して食べますが、

自宅近くの農家で手に入れる、

採れたて卵の場合だけは生でも食べています。

英国人の夫 Banana も、

すき焼きには生卵を好んで、自ら使用します。

IMG_2802

この日も農家の無人販売所まで、

卵だけを買いに行ってきました。

IMG_0772

生で使用する場合、卵は念のため、

一度水洗いしてから食べます。


海外生活でも、ここまで出来た ♪

IMG_2759

スライスした柔らかいお肉で、

美味しいすき焼きを味わえた、

我が家の休日のおうちご飯でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  

ドイツ製FFP2マスクを買ってみる、着け比べてみた


IMG_2472

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

湖畔の我が家から眺めるチューリッヒ湖の様子も、

すっかり春の景色になりました。

先週までは日中でも、

氷点下(マイナス)の日が続いていたのが

嘘のような気さえしてしまいます。

IMG_2462

暖かい春の訪れは嬉しいけれど、

外に出た後は、少し鼻がムズムズ。

花粉症が怪しい私には、

そろそろ注意が必要な季節のようです。


そんな春の日に出かけた水曜日の美容室。

実はこの日、

初めてFFP2マスクを着用してみました。


FFP2とは、

ヨーロッパが定めたEN規格に適合したマスクで、

米国規格のN95、

日本の防じんマスクのDS2に相当するものとして

一般に認識されているそうです。


ここから先は、

あくまでも私の個人的な感想です。

スイスで販売されているマスクの価格や、

FFP2マスクの着け心地など、

FFP2マスクに関して、

ご興味がおありの方のみご覧ください。


FFP2マスクの着用は、

隣国のドイツやオーストリアなどで、

一部の場所での着用を義務付けていることもあり、

色々と噂はされていたものの、

今のところスイスではまだ、

着用の義務には至っていません。


ですが、コロナの状況によっては、

スイスでもルールや条例が変更されたり、

追加されたりすることがあるかもしれないので、

我が家では一応、

念のためということで、

FFP2マスクをストックしています。



以前にスイスの薬局(オンライン)で購入したものの後、

友人から、

ニュースでも紹介されていたという

オンラインストアを教えていただき、

ドイツ製のマスクを購入してみました。



スクリーンショット 2021-02-19 1.17.45

購入したドイツ製のマスクは、

【5枚入り:14.75 フラン(CHF14.75 = 約1.740円)】


1枚あたりが、約348 円です。

決して安くはありませんが、

個人的なイメージで、

"ドイツ製" への信頼度が高かったので注文。

2日ほどでチューリッヒ州の自宅に届きました。


先に薬局で購入したマスクは中国製。

こちらは更に高額でした。


スイスでFFP2マスクは、Aldi や Lidl など、

ドイツ系のスーパーでも販売されていて、

MIGROSやCOOPなどでも

追って販売がスタートするとは聞いていましたが、

同じFFP2マスク(同じ中国製)でも、

製造元や販売業者によっても異なるようです。


実際に上記のスーパーで購入した価格の安いものと、

薬局で購入した高いものと、

両方を使用してみた知人の話を聞くと、

薬局で購入したものが、

着け心地と密着度が優れていると感じたそうです。

(あくまでも、個人の感想)


品質の違いと呼べるのかどうかは分かりませんが、

ただ単に、

薬局の方が高いという事でも無いのかも

という気がしました。


私は、スーパではまだ購入していないので、

手持ちの2種類だけで比較してみると、

ドイツ製の方が、中国製より密着度が高い。


左:中国製、右:ドイツ製

IMG_2477

美容室にはドイツ製のFFP2マスクを着けて

出かけました。

さほど広くはない密室に近いサロンに

2時間以上滞在するので、

完全防備で出かけようと思っていました。


それまで外出時に使用していた

不織布のマスクに比べると、

ドイツ製FFP2(私が購入したもの)

は全体の面積が少し小さく感じたため、

この日は初めて、

FFP2マスクを下に着け、

その上から、

顎全体と頬まで覆う不織布のマスク(日本製)を着用し、

マスクを二枚着けしてみました。


日本の友人から、

マスクを二枚重ね着けしていると

以前に聞いていたので、それを参考に。


美容室にその状態で行ってみると、

日本人美容師Mさんいわく、

そのような状態で来店される

日本人以外のお客さんもいらっしゃるそうです。

昨年の今頃までは、

マスクなんてしている人は

ほとんど見かけなかったスイスでしたが、

たった1年で、

状況が大きく変化したのだと思い知らされます。


マスクの使用感は、

肌に触れるフィルター部分は快適でした。

初めてFFP2を着用してみたので、

最初は少しだけ息苦しさを感じましたが、

すぐに慣れました。


美容室に2時間半ほど滞在し、

その後、

買い出しにスーパーに立ち寄ったりしたので、

4時間くらい二枚重ねのまま着用していましたが

苦にならず、大丈夫でした。


翌日、

先に薬局で買っていた中国製の方も開けてみると、

若干ですが、

マスクのサイズがこちらの方が大きめ。

また、紐の部分も長めなので、

試しに着けてみると緩めで、

少し鼻のあたりに隙間ができてしまいます。

マスク自体も、

私の顔には少々大きすぎる気もしました。


左:中国製、右:ドイツ製

IMG_2481

逆に、夫 Banana には、

私の顔にピタッと着いたドイツ製の方は、

少し小さいのではないかという気がしており、

紐も Banana の顔にはきつすぎるかも?

という気がしていたので、

我が家では、

ドイツ製を私用に、中国製を夫用に・・

で、

うまくコントロールできそうです。


スイスでは、

新型コロナウイルスの新規感染者数は、

減少の傾向にはありますが、

変異株が広まりつつあることもあってか、

最近ではスーパーでも、

FFP2マスクを着用している人達の姿が増えました。


今後はリーズナブルな価格のFFP2マスクも購入し、

買い物など、短時間しか着用しない場合や、

自宅の近所を散策する際の花粉対策には、

私もそちらを着けようと思っています。


時と場合によって、

今後もFFP2マスクを着用する機会が増えそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ