スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

海外生活

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

昨日の出来事とスイスへの帰国準備


IMG_2689

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

今回の一時帰国、

日本滞在もあと10日を切りました。

日本入国後3日間、

政府指定施設での隔離生活から始まり、

都内の自宅に戻ってから

14日間の残りの待機期間を過ごしました。

待機が完了して晴れて自由の身となった後は、

瞬く間に日にちが過ぎ去ったという印象。


SNSを閲覧していると、

同じフライトでスイスから到着した知人は、

既にスイスへ帰国したもよう。


1日遅れで日本に到着した友人も、

私より少し短めの滞在だったと記憶しているので、

そろそろスイスへ戻る頃なのかも。


同じ時期に日本に帰国した人達が

スイスへ帰ってゆく姿を目にすると、

自分ももう間もなくなのだなぁと、

スイスへ戻る日を実感しています。


食品など、スイスへ持ち帰る品々の買い出しを

実店舗とオンラインで開始し、

今回は荷物も増えそうなので、

持ち帰りスーツケース以外にも、

EMSで荷物を送る予定です。

その梱包や書類作成にも意外と時間がかかるので、

そろそろスタートしなければ・・

と思いつつ、なかなか進まない(苦笑)


帰りはスイスへの入国のため、

日本を出発する時刻の72時間前までに、

また検査を受け、

陰性証明を入手しなければなりません。

しばらくの間は検査のことは忘れかけていたけれど、

また現実に引き戻される思いです。


成田空港でも検査はできるようですが、

スイス(チューリッヒ行き)への直行便LX161は

午前9時45分発と早いので、

時間にも気持ちにも余裕を持って、

出発の前々日に、

自宅の近くにあるクリニックで

PCR検査の予約を入れました。


スイス入国に当たっては、

オンラインで質問書に回答せねばなりませんが、

これはあまり早過ぎてもという気もするので、

前々日くらいまでにフォームを完成させるつもりです。


さて、東京の桜はほとんどの場所で既に散り、

見頃は終えましたが、

一部地域や桜の種類によっては、

まだ見頃が続いているところもあるようです。

 
住まいの近くの目黒川沿いの桜も、

見頃が終わり、葉桜となりました 。

IMG_2735

今年の東京は、

満開の日とお天気の良い日が重なり、

目黒川の桜も本当に美しかった。 

また来年のお楽しみ。


昨日はそんな目黒川で、

ドラマの撮影らしき場面を目にしました。

IMG_2729

うーん、この姿だけみると、

一体どんなドラマなのだろう??

と、興味津々。

IMG_2732

女優さんらしき人の真横を通り、

横顔は結構近くで見えましたが、

誰なのかは判別できませんでした。


いつも桜の画像を撮影していた自宅近所の橋は、

よくドラマの撮影がされていて、

年間数ヶ月しか東京の自宅に滞在しない私でさえ、

何度か目にした事があります。


橋の上か、その周辺に、

ありえないくらいの人だかりが集まっている場合、

それらはエキストラの人たちで、

あ、今、撮影しているだなと分かります。


いつも近くに停まっている

たこ焼きフードワゴンにも、芸能人のサインがちらほら。

(こちらは10日くらい前に撮影)

IMG_0998

そのうち、

ものすごく有名な人と遭遇する日もあるのかも〜!?

と、ちょっと期待。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

スイスで一人頑張る!英国人の夫


IMG_2552

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★
 
ブログ記事のタイトル通り、 

英国人の夫、セミロックダウン中のスイスで

一人頑張っています。
 


先日の記事でも、

夫 Banana の孤独感について綴りましたが、

その後、10日ほど経過し、

精神的疲労のピークがやってきているようです。

正直なところ、とても心配。


昨夏、昨秋の一時帰国の際は、

スイスはロックダウンではなかったので、

週に一度はオフィスに出勤したり、

バンド仲間たちと練習したり、

少しは気晴らしをする機会はあったようですが、

今回はロックダウンの緩和も見送られ、

少なくとも私が日本にいる間は、

スイスのセミロックダウンはほぼ現状のまま

継続されることは確実です。


ほとんど弱音を吐かない彼が、

「今回ばかりはきつい」と、

毎日ビデオ電話するたびに言うのですから、

本当に大変なのでしょう。


気温も5℃以下で、

お天気の良くない雨の日も続いたそうなので、

私が家にいないとホームオフィスで、

仕事の電話で相手と話をするか、

私や英国の娘、息子と電話で時々話をするくらいで、

誰とも接触が無い生活が続いていますから、

気持ちも尚更滅入っていたのでしょう。


仕事の方は相変わらず多忙で、

コロナ以前は月一で海外出張していた業務を

各国の支社の同僚たちや、世界各地のクライアントと

朝から晩まで相手を変え、電話会議をしており、

時には早朝から夜まで、

数時間の休憩は入りはしますが、会議は続きます。


一人きりの今の現状では、

人と関わらず、

黙々とPCだけを相手に仕事をする業務よりは

救われているのだと思います。


そんな夫から、ここ数日は、

わりとポジティブな画像が

Lineで届くようになりました。

先週末あたりからお天気がよく、

急激に暖かくなり、

本格的な春の到来なのだそう。


自宅近くの散策は大雨が降らない限り、

日々のルーティンで自宅近くを毎日散策し、

ポカポカ陽気の春を感じているようです。

IMG_2553

IMG_2551

先週日曜日のBanana からのLine電話、

(夏時間に変わり、現在は7時間の時差があるので、

日本の午後がスイスの朝)


Banana 
「今からチューリッヒまで行ってくる」



「えっ?だって今日、日曜日よ。

お店も全部閉まっているのに、

わざわざチューリッヒまで何しに行くの??」


Banana 

「買い物に出るわけじゃないから。

いつも同じ景色しか見ていないから、

こんなにお天気もイイんだし、町を歩くだけで気分転換。」


で、快晴のチューリッヒ到着後、

Banana から再びのLine電話。


青空の下、ミュンスタープラッツから、

フラウミュンスターを通り、

リマト川と、

グロスミュンスターが見える橋の上までライブ中継。

本人も爽快そうで楽しそうだったけど、

私も久しぶりに目にした

大好きなチューリッヒの街の風景を眺めて、

少しテンションが上がりました。


こちらは以前、私が撮影した画像ですが、

イメージ的にはこんな感じ。

IMG_9258

夫、市内をかなり歩いたようです。

チャイナガーデンからチューリッヒ湖沿いの

プロムナードを歩き、リマト川沿いへ。

スイスの桜も開花したと、画像が送られてきました。

IMG_2554 (1)

自宅近くも暖かな春がいっぱい。

自炊もそれなりに頑張っているようで、

少し安心しました。

しかも、今が旬の食材を使用して、

日本にいる私より、ちゃんと料理をしている(笑)

IMG_2555

一番気にかかるのは、

今週金曜日からのイースター休暇。

土曜日をはさみ、勤務先は4連休です。

結婚して以来、祝日の連休を一人で過ごしたことは、

おそらく初めてだと思います。

しかも、セミロックダウン中。


今週末は私も日本から、

Banana の心のケアを心がけます。

オット、あと数種間がんばれ〜。
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

ここが以前と違った 一時帰国 14日間の自宅待機が終了(後半)


IMG_1567

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。

 

さて今回は、昨夏と昨秋の帰国と比べて、

待機中〜待機終了までのプロセスが

異なっていた点を挙げてみます。


今回は14日間の自宅待機中、

様々な面において、

国に管理されているという意識が常にありました。


● 14日間の待機、開始〜終了までについて比較

〈2020年7月、2020年10月、2021年3月の時点〉


(2020年7月)

待機初日、住まいの地域を管轄する保健局の担当者より

健康状態の確認の電話連絡があり。

その後、確認メールもあり。

メールの返事をすると、先方からも回答あり。

14日間の最終日となった時点で、

再度健康状態確認の電話。

「明日からは普段通りに外出していただいて結構です。

引き続き体調管理に努めてください。

ご協力ありがとうございました。」

という内容。



(2020年10月)

待機初日、住まいの地域を管轄する保健局の担当者より

健康状態の確認がメールであり。

メールに返信するも、先方からの返事はなし。

健康状態に異常がなかったので、そのままま14日間を過ごす。

最終日にもう一度、確認のメールがあり。

同じくメールに返信するも、先方からの返事はなし。


最初の2回は、入国後は保健局へ引き継き注がれ、

フォローアップしていただいている印象。


続いて、

今回の入国後【東横イン成田 滞在時】の経緯です。


(2021年3月/今回)

入国と同時に3日間、政府が指定する隔離ホテル

東横イン成田へ。


★ チェックイン時に誓約書の提出(退所時に返却される)

★ 前回までなかった、

位置情報確認アプリOSSMA をスマートフォンへ

ダウンロードすることを義務付けられる。

★ 厚生労働省へ毎日の健康状態の報告。

★ Google Map 位置情報をオンにする。

★ Skype使用の推奨 "退所時の案内書 " にて。

(これに関しては、私は日本の携帯番号を所持しているので、

それを提示したところチェックアウトの際、

Skypeについては何も触れられませんでした)


★ 隔離施設での3日間は、

毎朝指定されたQRコードから読み取り、

体調と健康状態をチャットで報告する義務があり。

毎朝検温し報告。


★ 体温計は隔離施設へチェックインする際に

貸し出され、退所時に返却。

ちなみに私は自分で体温計を携帯していたので、

それを使用。

★ 待機中、保健局かららしい電話あり。

健康状態の確認と、隔離施設を出た後の住所、

連絡先の確認。


退所時には、

シャトルバスで成田空港(成田空港を経由して羽田行)

まで戻り、

そこから自分で手配したハイヤーなどで自宅または、

滞在先へ移動します。


14日間待機の残りの期間を過ごす場所までの移動手段

(ハイヤーなど)を確保しているかどうか、

各所で何度もチェックが入りました。


OSSMAは大体毎朝8時過ぎに、

プッシュ通知が届きました。

「今ここ」という表示をクリックで終了。

OSSMAは11日目に突如プッシュが届かなくなり、

10日で位置確認を終えたのだろうと推測。


厚生労働省からメールで届いていた健康確認は、

14日目まで継続。


一番大きく異なっていたのが、

待機最終日、保健局はもとより、

誰からも、どこからも、

全くコンタクトがなかったこと。

電話もなし、メールも一切なし。


待機最終日にOSSMAを確認すると、

最初の登録前の画面(新規登録の画面)に

戻っていました。


『これで無事に終わったんだ、よかった〜』


と思う反面、

やっぱりしっかりと管理されていたんだな

という思いも・・。


14日間が終了し、

厚生労働省からの健康確認メールもこの日で終了。


保健局から何も連絡が入らなかったのは、

毎朝健康チェックを送信していたのと、

スマホ(GoogleMap)の

位置情報をオンにしていたからなのかも。

OSSMAをスマホに入れているかと、

Google Mapの位置情報がオンになっているかについては、

隔離ホテルの退所時に確認されます。


また、スイスを出発する前に、

個人情報を入れたQRコードを取得していたので、

わざわざ電話で確認するに至らなかったのだと思います。


QRコードやアプリで管理されている反面、

健康管理は自分でしっかりとしてください。

と任されているような印象を今回は持ちました。


基本的に現状での一時帰国には、

スマートフォンは必須だと思います。

(到着後、希望者には貸し出しされるという情報もあり)


「明日からは普通に外出してもOKですよ」

と言われないままで、少し気にかかりましたが、

何度数えても一昨日が14日目で間違いはナシ。

15日目には厚生労働省からの健康確認メールも

届かなかったので、

これで待機生活を終えられたのだと理解しました。


私はスイスの携帯でLINEを使用しており、

海外の電話番号でのLINEの場合、

連絡方法として設定できないとのことで、

メールでの連絡を選択しました。


記述した内容は、

2021年3月12日に入国し、

隔離を終える3月26日に至るまでの経緯です。


日本一時帰国、もしくは本帰国される方々へ、

少しでもご参考になれば幸いです。


【今回の隔離として記述した内容は、

隔離期間: 2021年3月13日〜2021年3月26日までの情報です。

内容は逐一変更されることも予想されますので、

あくまでも現時点でのご参考としてご留意ください。】


3/30 追記:私の後にスイスから帰国し、

3日間隔離を体験された方からの情報によると、

OSSMAの使用は既に終了し、

新たなアプリのダウンロードが必要になったそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ