スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

英国人

当ブログが、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" を受賞致しました!!

スイス海外生活、18年目へ突入


IMG_3931

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

日本はGWの真っ最中、

今年は各地で静かな休日をお過ごしの方々も

多いのだろうと思います。


スイスには日本のようなGWはありませんので、

普通通りの週末です。


スイスでは5月に2回祝日があり、

13日がキリストの昇天祭、

24日は聖霊降臨祭翌の月曜日です。


今月は2回も祝日があるんだなぁと

カレンダーを眺めていてふと思い出したこと。

十数年前、最初にスイスにやってきたのも、

この時期でした。


所持している滞在許可証

(当時:Bパーミット → 現在:Cパーミット)

を見ると、

最初にスイス居住者として登録したのが

2004年5月4日。


従って、明日5月3日で、

我が家のスイス滞在は丸17年。

英国人の夫と共に二人三脚で歩んできた

スイスでの海外生活も、

ついに18年目へと突入します。


ひぇ〜  17年も住んでしまった。

長かったような、

あっという間だたったような・・。

やはり、あっという間だったかな

と言う思いの方が強い気がします。


決して良いことばかりでは無かった

17年間だったけれど、

総合するならば、やはりスイスはよいとこ。

思い返せば、

素晴らしい思い出がいっぱい詰まっています。


夫の定年まであと数年。

この先も大きな問題が無ければ

このままの状態で、

おそらくスイスにトータルで

20年かそれ以上、住むことになるでしょう。


ブログを以前からご覧くださっている皆様はご存知の通り、

我が家は一昨年、東京にマンションを購入しました。

このまま夫婦とも元気で、

リタイアした後も、

スイスと日本を行ったり来たりしながら、

双方の国のいいとこ取りをしながら、

体が続くまで両国 🇨🇭🇯🇵 で

生活を続けるのが夫婦の夢です。

そのためには心身ともに健全で、

元気でいなければなりません。


先日、日本へ一時帰国した際、

日本へ向かうSWISSの機内で、

私の席をメインで担当してくださったスイス人CAさんが、

話しかけて来られました。


コロナ禍の中で3度一時帰国しましたが、

毎回、飛行が落ち着いた頃か、

着陸の数時間前になると、

座席のそばで立ち止まり、

複数の客室乗務員の方々が話しかけて来られました。


きっと、こんな状況の中、

"搭乗してくれてありがとう"

の意味が込められているのだと思います。


で、前回のスイス人女性のCAさんは、


「日本へ帰国されるのですか?スイスへはご旅行で?」


と問いかけられてきました。


そうではなくて、


 "スイスに英国人の夫と住んでいること、

今回の日本行きは一時帰国が目的であること"


をお伝えしました。


すると彼女は、


「まあ、素晴らしい!

世界で最も美しい2つの国を行ったり来たりできるなんて、

最高だわ〜。」とニッコリ。


「はい、本当にそうですね(笑)」


と答えた私。


もちろん、

何が美しくて、何が最高なのかは、

価値観によって人それぞれで違います。


お洒落な街並みのある国を愛する人もいれば、

文化的史跡など歴史ある環境が

素晴らしいと感じる人もいる、

美しい海のある国が一番綺麗だと思う人もいる

etc...


人それぞれではあるけれど、

世界で一番美しい国に、

しっかりと自分の国が含められているところが

スイス人らしいと感じると同時に、

私の個人的な気持ちとしても、

本当にそうだなぁと100%同意してしまい、

思わず、クスッと微笑んでしまいました。


話は逸れましたが、

18年目に突入したスイス生活、

ブログ「スイスの街角から」も、

これからまだまだ頑張ります。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

陰性でした、スイスへ戻ります。


IMG_2935

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

とても慌ただしくなってしまった日本滞在、

最後の1週間でした。


今週はタワーマンション自室の防災設備の点検など、

予期せぬ予定も入りました。

雨が降った週明けは外出せず、

朝から晩まで汗だくになりながら、

荷物のパッキング。

昼間外出した日は、自宅に戻ると、

夜な夜な荷物と格闘しています。


早くから取り掛かってはいましたが、

やはり最後の数日でモノが増えてしまうので、

何度も入れ替えをして、

少し重量にゆとりがあったので、

スイスへ送る予定で荷造りしていた

EMSの箱を開けて、

スーツケースに分散して入れ替え。


バゲージチェッカー2個を使用しながら、

(重さに誤差が生じるので2個で軽量し、

大体の重さの目安にしている)

なんとかそれぞれのスーツケースに収まるか!?

いまだ、バトル中です。


毎回、もうこんなのは、

いい加減にやめようと思うのですが、

東京オリンピックが強行開催されるとなれば、

次は半年近く日本に帰国できないので、

買い残しの無いよう、

最後の最後まで慌てふためいてしまいます。


流石の私も、

大切にしているブログの更新をする時間が無いほど、

ちょっとバタバタしています。


今日は最終の買い物の合間に、

本籍のある都内の区役所へ出かけてきました。

今後、夫 Banana が

私と一緒に日本へ一時帰国する場合、

妻である私が日本人なので、

ビザが降りれば外国人でも日本に入国が可能とのこと。

以前に在スイス日本大使館へ問い合わせをした際に、

詳細をご教示いただき、

私の戸籍謄本が必要だと案内されました。


私の場合は日本の近しい家族が他界しており、

日本在住の家族に

招聘状を書いてもらうことができないため、

どうすればよいかとご相談してみたところ、

我が家の家族構成と条件で、

夫がビザを取得するための、

必要書類をいくつかご提示いただきました。

その一つが私の戸籍謄本でした。

なので、日本のビザが欲しい誰しもが、

戸籍謄本が必要というわけではないと思います。


現状では、

夫 Banana が日本を訪問する予定はすぐにはなく、

戸籍謄本は3ヶ月しか

書類としての有効期限がありませんが、

まあ、いつ、何が起こるか分からないし、

いざ、スイスでそれが必要となった場合、

海外から取り寄せるのはとても面倒な作業なので、

東京にいる間に取得しておいて損はないと思い、

都内、港区役所まで出かけてきました。

IMG_2918

期限内で使用できなければまた秋に、

自宅からさほど遠い距離ではない

区役所まで出向けばよいことなので。


至る場所で目にする、


"東京2020" の文字を見るたびに泣けてしまう私。


久しぶりに歩いた芝大門界隈。  

桜が散ったあとは、

瑞々しく美しい新緑に包まれている東京。  


IMG_2940

IMG_2936

そして、今日も歩いた〜。


そんな慌ただしい合間の昨日は、

スイスへ戻る前のPCR検査を受けてきました。

結果は陰性。

これで予定通りにスイスに戻れます。

あともう少しだけ日本にいたかったけど、

これで気持ちも切り替わりました。


スイスでは19日より、

レストランのテラス席のみに限り、

営業が可能となったそうです。

観客を入れての観劇やコンサートも

人数制限をして再開予定です。


夫が楽しみにしていたスイミングプールは、

営業再開を見送りとのこと。

またガッカリしている Banana の顔を見るのは辛いけれど、

私がスイスに戻ることで、

少しは元気を取り戻してもらえるかな??


だけどあと1日だけ、

私の気持ちはフル回転でニッポン!!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

我が家にとっての特別な日


IMG_3247

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

去る3月3日は日本の雛祭り。

インスタグラムに投稿されている、

みなさんの美しいお雛様や、

素敵な雛祭りテーブルアレンジなどを眺めながら、

素敵だなぁ・・と、

楽しく拝見させていただきました。


我が家にとっては、

3月3日は雛祭り以外に、

実はとても重要で、大切な日でもあります。


10年前のその日、

夫 Banana が命に関わる手術を受けました。

その時のことは遠い以前のブログに、

その心情を綴っていました。

 

術後の間もない当時は、

詳しくは記しませんでしたが、

夫は脳腫瘍の手術を

チューリッヒ大学病院で受けました。


その後は順調に回復し、

手術の直後も、10年経った今も、

後遺症は全くなく、

おかげさまで元気に過ごしています。


術後は数ヶ月後、1年後、その後も

数年おきに定期検診は受けています。

執刀医であった当時の有能な脳外科医は現在、

チューリッヒのヒルスランデン病院に移り、

教授として活躍されおり、

Banana はその医師を追う形で、

病院をヒルスランデンに変えて、現在に至ります。


直近で受けた昨年検診でも異常は無し。

今年の3月3日で10年の節目を迎え、

手術をした Banana 本人も気持ちの上で、

ようやく完治したと感じたようです。


そばで見ていた私からすると、

Banana は術後に回復した後も

ずっと元気でいてくれたので、

すっかり健康体だという印象だったのですが、

手術を受けた本人は、

どんなに元気に日々を過ごしてはいても、

頭部を開頭して行われた、

あの日の大手術のことを、

ひと時も忘れることはなかったのだと思います。


10年前、英国からも家族が駆けつけて、

手術が成功したと執刀医に報告を受けた時、

大学病院のカフェテリアで人目をしのばず、

抱き合って涙を流しながら喜んだ日のことが、

つい先日のことのように思い出されます。


その後の10年の間に、

スイスへ駆けつけた義母(Banana の母)は他界し、

同行した Banana の妹と、Banana の関係は、

その後に起こったある出来事がきっかけで、

現在は交流はなく断絶中です。


時を同じくして英国から訪れてくれた

ローラ(Banana の娘、当時は大学生)はその時、

チューリッヒ大学病院の

素晴らしい医療スタッフたちが

きびきびと献身的に働く様子を目にし、

それがきっかっけで将来、

医療の現場へ進むことを決意しました。


いろいろとあったこの10年。

その間に Banana の母とおばが他界、

妹夫婦との事実上の絶縁、

私の(日本の)実家の父も他界 など、

目まぐるしい日々を過ごしましたが、

悪いことばかりではなく、

良いこともたくさんありました。


ローラはジミーと結婚し、

州立病院の集中治療室(ICU)の、

最も若い看護師長に抜擢され、

現在は医療の現場の最前線で活躍しています。


夫婦で各地を旅して、

美しい自然、優れた芸術、高級グルメ、癒しの時間  etc.. 

様々な感動的な体験や、

素晴らしい思い出もいっぱい。

いろんなことを乗り越えた今だからこそ、

時間を無駄にすることなく、

楽しい時間も過ごせてきたような気がします。


Banana と私も、

それなりに歳は重ねたけれど、

二人とも健康だし、

お互いを信頼し合う気持ちは、今も昔も変わらず。

結婚20年を過ぎた夫婦にしては、

夫婦仲も良い方だと思います。


今年の3月3日はささやかながら自宅で、

術後10周年のお祝いを夫婦でしました。


先日久しぶりにチューリッヒ市内に出た際、

ちょっと奮発をして、

普段は買わない、

(お気に入りのアマロネ)のちょっと良いのを購入。

IMG_3236

いつものディナータイムよりもじっくりと時間をかけて、

ワインを飲みながら、夫婦で色々語らいました。


10年後に、

このブログを変わらず継続できていることにも、

違った意味でビックリ!?(笑)


健康で過ごせることのありがたみに感謝を噛み締めた、

我が家の今年の3月3日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村   
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ